子ども大好き父親の育児記録

男も育休とろうよ!

このブログについて

子ども2人を育児中の”んっんー”です。

ひとりめの子供がおしゃべりし始めの頃、”おとうさん”のことを”んっんー”と呼んでいたので、それにちなんでこの名前でブログを書いていきます。

 

昨年2人目が生まれて半年ちょっとの育休を取得しました。

育休中に妻のママ友や助産師さんなどから、

「男性がもっと育休を取って欲しい。取れるようになって欲しい。だから、先駆者として世の中に男性の育休についての情報を(ブログなどで)発信して」

とかなり強く要望されまして。。

なかなかブログをマメに更新する性格ではないのですが、少しでも世のためになれるように頑張ってみようかと。

でも、きっとタイムリーに書いていくのは難しいので、過去を振り返るような形で書いていきます。

我が家の近況と上の子の将棋の成長記録

お題「#この1年の変化

約1年前にこのブログを開設したものの、案の定、ちっとも更新できていないんっんーです。

育休が終わり会社に行くようになり、家事したり子どもと遊んだりしていると、なかなかブログまで手が回らず。途中まで書きかけた下書きはあるのですが完成せず日の目を見ていません。育児は楽しいけど大変ですね。

特に子どもたちとの遊びは真剣です。んっんーは真の遊び人を自称しているので、遊びには全力を出します!絶対に手を抜きません。そのせいか、子ども達もんっんーが家にいるときはひたすらまとわりついてきて解放してくれません。ご飯ぐらいゆっくり食べたい、たまには妻の方にいってくれても良いのに、と思うこともほぼ毎日。

ということで近況です

下の子は1歳5ヶ月。だいぶ意思表示がはっきりして歌や踊りが大好きで、んぅ?(歌って〜)って体を左右に揺する様がとても可愛いです。”ん?”と”ぴ?”と”ちぃ?”と”あー!”でほとんどのコミュニケーションを成立させるのがすごいところ。

上の子は5歳7か月で相変わらずの謎の生命体っぷり。昨年の夏に何故か突然、将棋にハマりました。どう教えて良いものかも分からないので9月から将棋教室に通っています。そして将棋を始めて約半年たち、ついに先日ヤマダ電機の将棋教室で9級の認定を受けました!

とても嬉しくてたまにはブログを書こうかと思い至ったのですが、幼児の将棋の成長記録というか、みんなどんなことしてるの?9級ってどんなものなの?これからはどんな勉強したら良いの?という情報があまりなくて今困っているので、同じような境遇の方の参考になればっと思い記録しておきます。

将棋歴0ヶ月目=5歳1ヶ月(2020年8月)

将棋に興味を持つ。動きはあっという間に覚える。動きが駒に書いてある将棋盤を買うものの、本人はこの矢印いらないとすぐに上からシールを貼ってしまった。でも、将棋を知らない妻にとっては必要だった(子どもの相手をするのに)。ネットや図書館で調べて歩なし将棋とか10枚落ちとか色々するけど、どう指して良いのか分からずに泣くし怒るし、どう教えて良いのかさっぱり・・・

・羽生先生の将棋入門や、ひふみんの詰将棋を図書館で借りて読む

将棋歴1ヶ月

本人のやる気に押されて将棋教室へ。本当に出来るの?教室とか泣いたり嫌だって言わないの?というのが心配で、まずは(安いしすぐに辞められるなーという思いもあって)ヤマダ電機の将棋教室へ。なんか楽しいみたいだったので、幸い近所に将棋教室があるのでそちらにも通い出す(というか、そちらだけに通わせるつもりだったのですが、子どもが両方行きたいというのでヤマダ電機の将棋教室にも月1ぐらいのペースで通う羽目に)

・先生の薦めで将棋ドリルを始める

将棋歴2ヶ月

まだまだ1局ちゃんと指しきる体力がないというか、すごい集中力で指しているけど途中ではっきり分かるくらい憔悴した顔になる

・いろいろな将棋の本を図書館で借りる。でも自分で読むと言って聞かないので読んであげられず、本当に自分で読んでいるのかは謎。漢字の読み方はかなり怪しいのだが・・・

将棋歴3ヶ月

ぴよ将棋という素晴らしいアプリを発見し、始める。

・ぴよ将棋 ひよ香(14級)ぐらいと良い勝負

将棋歴4ヶ月

先生によると8枚落ちが少し形になってきたらしい。でも肝心の詰めるところがダメ。攻めより守りの方が好き、という幼児には珍しいタイプですぐに守ろうとするがうまくいかない。

・先生から3手詰めの詰将棋をとことんやるように言われ、羽生先生のこども詰将棋を買い与える。けど、あんまりやらない。

詰将棋好きじゃないみたい。一手詰めもまだまだあまり・・というレベル

将棋歴5ヶ月

月に1、2回、一日中将棋をしていることがある。そういう日の後はグッと強くなったように感じる。

・将棋ドリル3部作をついに完了

・近所の将棋教室で8枚落ちをタマに勝てるようになってきた

・ぴよ将棋アプリ ひより(13級)を相手に頑張っている

詰将棋 移動中などアプリでやろうって言うとのってくる。一手詰めはすぐに解ける。

将棋歴6ヶ月

将棋熱がますます増している感じで、よく将棋の本を読んでいる(眺めている?)。強くなってきたなって感じる手を指す。んっんーは8枚落ちは絶対負け、6枚落ちは時々?勝てるような気がする。妻を相手に駒を落として対戦している。

ヤマダ電機の将棋教室で9級認定

・近所の将棋教室で8枚落ちを卒業して6枚落ちに

・ひふみんの詰将棋がお気に入り(よくよく聞くと詰将棋ではなく駒の動き方の解説ページを繰り返し延々と読んでいる模様)。何回も図書館で借りている。

・一目の手筋 という本を買い与えた。眺めてる。多分ちゃんと読んでない。

・ぴよ将棋アプリ ひよみ(9級)と良い勝負。ピヨ帝(6段+)に8枚落ちで勝てる。

 

仕事と子育ての違い

特別お題がちょうどこのブログで書きたいテーマと一緒なので投稿します。

と言っても本体のブログ更新滞りまくりですが(汗) 


さて本題の仕事と子育ての違いについてのショートネタ


赤ちゃんに真夜中の大運動会の開催を高らかに宣言される事があるのが子育て


そんなやつはいないのが仕事


お粗末

働くパパママ川柳×はてなブログ 特別お題キャンペーン #仕事と子育て

働くパパママ川柳×はてなブログ 特別お題キャンペーン #仕事と子育て
by オリックスグループ

男の育休を取得した感想

2人目の育休は7ヶ月ちょっと取得しました。

すでに育休期間は終わってしまっていますが、振り返ってみての感想です。

(ちょうど 今週のお題「お父さん」ですしね)

 

やっぱり赤ちゃんのかわいい成長をよく観察出来たのは嬉しかったですね。上の子のときも1ヶ月程度育休取得したのですが復帰してから忙しくなってしまい、ここまでじっくりと毎日の成長を見られなかったので。。

その上の子も、仕事が忙しかったり妻の妊娠期の調子が悪かったりで、妻の妊娠後ちょっとかまいきれず気になることもいろいろあったので、いっぱい遊んであげられてだいぶ成長してくれたかなっと思います。

 

育休前の思惑

 育休に入る前は、家事・育児はもちろんやりますが、その他にもこの機会にやりたいことをたくさんしよう!っと考えていました。ええ、夢いっぱいで考えていました。

・・・その考えは甘かった

 

育休後・・

朝起きて、やることやって、気がついたら夜寝る時間。

こんな毎日でした。

どうしても片付けないといけないものは、睡眠を削ってやるしかない。

熱が38度以上あっても、深夜に救急車で運ばれて朝帰りしても、やらないといけないものはやらないといけない。

自分は男だから授乳ないからまだマシだけど、女性はこれに3時間毎の授乳が追加ですからね。

育児まじブラック。

これを妻1人に任せて平気でいる人は・・・正直、リストラ(熟年離婚)対象となっても不思議でないように思います。

 これからおとうさんになるあなた!多少無理しても可能な限り育休を取りましょう!近親者や誰か手を借りられる人が近くにいないなら、母親1人で育児なんてありえません!是非育休を取って一緒に赤ちゃんのお世話してください。

 (休めない人もいると思うんですけど、出来るだけ・・・・取ろうという気持ちだけでも奥様は嬉しいと思いますし)

おもうこと

世のお母さん方は本当に頑張ってますね。みんな(一見)平然としているのが不思議です。

このブログも、本来は育休の記録を日々綴ろうと思っていたのですが、結局気がついてみれば育休期間は終わり、振り返りで更新していく形になってしまいました。

 育児ブログとか、マメに更新できる人って超人だと思う。(んっんーがのんびり屋ということもあるけど・・)

 

このブログについて

子ども2人を育児中の”んっんー”です。

ひとりめの子供がおしゃべりし始めの頃、”おとうさん”のことを”んっんー”と呼んでいたので、それにちなんでこの名前でブログを書いていきます。

 

昨年2人目が生まれて半年ちょっとの育休を取得しました。

育休中に妻のママ友や助産師さんなどから、

「男性がもっと育休を取って欲しい。取れるようになって欲しい。だから、先駆者として世の中に男性の育休についての情報を(ブログなどで)発信して」

とかなり強く要望されまして。。

なかなかブログをマメに更新する性格ではないのですが、少しでも世のためになれるように頑張ってみようかと。

でも、きっとタイムリーに書いていくのは難しいので、過去を振り返るような形で書いていきます。